今回は特に注意をしていただきたい期間についてです

それは

へアカラー パーマ 縮毛矯正をした後1週間です

とにかくその1週間は髪に紫外線を当てないでください


なぜかというと

ヘアカラー剤 パーマ剤 縮毛矯正剤の一部の成分が髪の内部に残留します


後々髪に悪影響を与えてしまう残留成分があります

その残留した成分と紫外線が反応して髪にダメージを与えてしまいます

その残留した成分が髪から無くなるまでに約1週間かかるのです


中にはもっと長期間にわたって残留する成分もあります


ヘアカラーですが市販のカラー剤を使ってご自身で染める場合は残留量が特に多くなってしまうので、紫外線に当たる当たらないにかかわらずダメージ度合いが非常に高くなってしまいます

ご自身でヘアカラーをされている方の髪と地肌を見てみると・・・
ちょー可哀そうです

また美容室や理容室で染める場合でも、カラー剤の悪影響を与える残留成分を中和したり、除去する作業を行わない場合もダメージ度合いが高くなります


ただカラー剤を付ければ良いっていうものではないんです


パーマや縮毛矯正も同様です


へカラー、パーマ、縮毛矯正等はやはり高い専門知識があり確かな技術をもってあたらないと大切な髪を守ることができません。

髪はとにかくダメージを与えないというのが基本です。

できれば紫外線が多いこの時期だけでも紫外線に対応したヘアケア用品を使用することをおすすめします

更にお一人お一人に合った具体的なお手入れ方法は直接ご説明いたします 





スポンサーサイト
2010.06.25 Fri l 紫外線対策 l コメント (1) トラックバック (0) l top
春から夏にかけて紫外線が強くなりますね

お顔や肌に対しては紫外線対策をしますが、髪の紫外線対策をしない方がいます

特にパーマ・ヘアカラー・縮毛矯正をしている方は要注意です 

紫外線に当たると髪のダメージは一気に進みます。

ヘアカラーの退色も進んでしまいます 

せっかく入れた色が落ちてしまうなんてもったいないですね

外出の際は日傘を忘れずに使いましょう

顔や肌だけではなく髪にも紫外線が当たらないように心配りをしてくださいね 


2日に活けたアルストロメリア・アキレア・ブローディアです


DSCF0001_convert_20100602173502花1


2010.06.02 Wed l 紫外線対策 l コメント (0) トラックバック (0) l top